20210425ロードコミニケ1

さくらおろち湖サイクルロードレース コミニケ
2021.04.25
コロナ感染予防
1) 当日は事前に検温を行って37.5℃以上の方は参加をやめること。
2) 非接触にて体温を測定させていただく場合があります。
3) 3蜜を避けて行動しください。
4) レーススタート直前まではマスクを装着してください。
5) スマートフォンには厚生労働省接触確認アプリ「COCOA」をインストールして利用をお願いします。
6) 声を出す応援はやめてください。
7) チームピットは間隔を十分とる。可能であれば、第2チームピットを設ける。
8) 競技前の待機エリアに設置する椅子については、間隔を十分に取る。
9) ウオームアップエリアでは選手間の間隔を十分に取る。
10) 更衣室は利用者が利用スペースを各自消毒してから退出する。
11) ごみは持ち帰る。
受付について
8:00~9:45 自転車競技施設 本部施設前で行う
ボディーナンバーと計測チップを渡します。
U15と女子及びキッズはボディーナンバーは無くヘルメットキャップを渡します。
出走サインは無し(コロナ感染予防のため)
ウエアについて
フォトフィニッシュはコース左側から行うので、ボディーナンバー(対象クラスヘルメット
ナンバー)は左側から写るように装着のこと。
レッグウオーマー、アームウオーマーの着用は認めます。
選手権クラスのユニフォームについてはコマーシャルの無いものを着用すること。
スポーツクラスとU15のウエアについては自由ですが、自転車競技に相応しいものとする。
その他の禁止した機器を所持して参加は認められません。
機材について
選手権クラスはJCF競技規則に準じた機材での出走をお願いします。
その他のクラスはフラットバーハンドル等も認めるが競技上危険となるものは取り除くこと。
競技について
選手権クラス さくらおろち湖自転車競技周回コース61.5km(12.3km×5周)
10:00パレードスタート(4km地点まで)
パレードスタートは審判長車を追い抜いてはならない。
正式スタートまではレッドフラッグで、ホワイトフラッグで正式スタート
となる。
ニュートラルによるのホイール補給(11sのみ)は十分ではありません。
1周回から4周回を補給周回とする。(毎周回認める。)
(フィニッシュ地点の表示板は4から1周回)
補給ゾーンはフィニッシュ地点前300mから50mの指定区間とする。
進行方向左側からの補給のみとする。
機材補給も毎周回認める。
ギア比はレース後、確認する場合があります。
ジュニア選手のギア比について
第28条 1項の① ジュニア 7.93m
U17 7.01m
スポーツクラス さくらおろち湖自転車競技周回コース24.6km(12.3km×2周)
選手権クラスの後方に集合し、10:01パレードスタート(4km地点まで)
パレードスタートは審判長車を追い抜いてはならない。
正式スタートまではレッドフラッグで、ホワイトフラッグで正式スタート
となる。
ニュートラルカーによるホイール補給はありません。
U15と混走となります。1周終了時のコントロールラインはU15のフィニッ
シュとなりますので右側を走行してください。
飲食物の補給は認めない。 補給ゾーンでの機材補給を認める。
U15 さくらおろち湖自転車競技周回コース12.3km(12.3km×1周)
選手権クラスの後方に集合し、10:01パレードスタート(4km地点まで)
スポーツクラスと混走となりますが、フィニッシュ後に左側に退避できるよう
に走ってください。
ニュートラルカーによるホイール補給はありません。
飲食物と機材とも補給は認めない。
走行上の注意 競技者及び随行車両は原則左側を通行すること。
緊急車両がコース内に進入した場合は、レースよりも優先される。
審判長の指示に従い緊急車両の進行を妨げてはならない。
関門 自転車競技本部施設スタートフィニッシュ地点
3周終了した時点でメイン集団(10位選手)から15分で打ち切りとする。
4周終了した時点で周回遅れになった選手は打ち切りとする。
環境配慮 空の容器などゴミは補給区間にて補給要員に渡すこと。
補給区間以外でのボトル等の投げ捨てはペナルティー¥3000。
補給要員は、チームに関係なく周辺のゴミの回収と環境の美化に努めること。
その他 レース終了後はヘルメットキャップは大会本部へ返却すること。
今回の計測チップは使い捨てですので、そのまま持ち帰り処分をお願いします。
ボディーナンバーはそのまま持ち帰り処分をお願いします。
事故に備えて監督は本部施設で待機・応援すること。